このチャンネルでは、税理士の吉岡潤が、相続への備え・財産の保全のための情報やノウハウをご紹介します


2022年3月号「不動産のプロに聞く生産緑地

画面右下の拡大マークを押すと、拡大してご覧いただけます。歯車マークを押すと、再生速度を調整できます。

生産緑地の2022年問題。農業を続けて納税猶予を受け続けるべきか、納税してでも開発すべきか。利子税が本税よりも高くなるケースもあり、特にご高齢者の方からのご相談は、ときに切実なものとなります。

税理士の吉岡が、不動産のプロと、実情を踏まえて議論しました。

2022年2月号「生産緑地 税務徹底解説」

画面右下の拡大マークを押すと、拡大してご覧いただけます。歯車マークを押すと、再生速度を調整できます。

「いままで安かった生産緑地の税金が、2022年に上がるかもしれない」「農業をやめると昔の相続税を払わなければならない」というウワサを、聞いたことはありませんか?

どう対策をすれば余計な税金を払わなくて済むのか、すべての疑問にお答えします。

2022年1月号「地価下落?生産緑地2022年問題」

画面右下の拡大マークを押すと、拡大してご覧いただけます。歯車マークを押すと、再生速度を調整できます。

生産緑地は、固定資産税が軽減されたり、相続税が猶予されていたります。しかし、農業を継続する必要があるので、相続人にとっては、とても大きな制限になります。例えばマンションを建てたくても、建てることができない、ということになります。
この生産緑地について、「2022年問題」が話題になっています。不動産オーナーは、どう判断すればいいのでしょうか?